プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • PCオーディオ22 続再生ソフト・afplayとamarra

amarraのデモ版をダウンロードして、afplayと聴き比べをしてみました。

出てきた音は?
いきなりafplayとは明らかに違う傾向。
音が太くて厚みがある音。
前述のピアノの音で言えば、気になっていた「乾いた音」ではなく「響きの良さ」に驚かされる。

ボーカルで比較すると、afplayの方は平坦な印象だがamarraの方は立体的。
張り付いていたのが、すぅ・・と降りてきてそこにいる感じになる。(あくまでも両ソフトを比較した場合です)

お気に入りのCD「Fourplay」「Between the sheets」
は時々チェック用に聴いているが、「E・ギターの響きが良い!」この響きの良さはafplayでは感じなかった所。
1曲目「 Chant」での低域の厚み押し出し感も十分と思う。
「音が乗っている(響きが豊か)」感じがするんです。
さすがに有料ソフトだけある。

すべての面でafplayより優れているか?と言えばそうでもないようで
解像度や高域の抜けの良さ・伸びと静寂感はafplayの方が良さそうだ。
なんと言っても無料!!(素晴らしい響き)

ただ、これは好みもあるでしょうね。
ただ単に自宅システムではその違いが出ただけであって、システムや好みによっては別の結果になると思われます。

タダamarraデモ版は気持ち良く聴いている真っ最中に無音部分が入るんですよね・・・・・
それに安価版のamarra miniでも4万弱。再生ソフトにその金額をかけるべきかどうか?
金欠病中の身としては悩ましい所
音の傾向としては「ど真ん中」なのですが・・・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。