プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某プロエンジニアが来られました。
自宅とIさん・Hさん邸に見えられ、実際に音を聴いてもらってから
部屋のチューニングの実践のしかたをレクチャーして頂きました。

一聴しただけで、部屋のどの辺りに問題があるのが分かってしまうのを目の当たりにして
3人共「プロは凄い!」と驚いていました。
例えば布切れ一枚を部屋に貼るだけで音が変わっていくのを体感しました。
タダ単に貼るのではなくて、ポイントがあるらしいのだがそれは実際に試してみて布の大きさを変えたり、テープを貼ったりして、音を聴きながら調整していくのです。

それは、スッキリすれば良いという訳ではなくて量感と解像度を見極めながら決めて行きます。
この辺りの微妙な違いのさじ加減は、もうプロ!と言うしかないですね。

いろいろ調整して頂いてから出てきた音は?
それぞれ、課題を頂いたのだが今までの音より数段とレベルアップした音になり
Iさん邸のアナログmonoオリジナルでは、「今までで経験したことのない凄い音です。素晴らしい」
Hさん邸では、その専用ルームに「うらやましい限りの環境です」サラウンドでは今までで最高の量感と質感。
自宅では「評論家さんのお宅より鳴っています」
と嬉しい感想を頂いたのであった。

裏技や実際の調整方法などを聞いて大変ためになりました。
『次はパワーアップしてからまた来たいですね』ってもう課題が大きいんだな・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。