プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

07 | 2011/08 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • PCオーディオ26 アンテロープOCX Antelope Audio OCX Master Clock

アンテロープOCX

Kさんから借りていたアンテロープOCXマスタークロックジェネレーター
入用なので譲っても良いですよ。と言われていたが、こちらも軍資金不足でどうしたものか??
悩んでいた。(セッティングから2週間も過ぎ安定した音が出てきていた)

因みにデジタルケーブルで音が激変すると言われているのだが、今回使用しているケーブルは
自作している人に特別に作ってもらったケーブルで仕様はよく分からないとのことだった。
もう一本の黒い被服の一般用のデジタルケーブルとは、音の出方が全然違っていた。


アンテロープOCXを繋いだ時に出てくる音に魅了された。
女性ボーカルのエコーの音の終わり際の美しさ、
ピアノの余韻の美しさ、
ホーンセクションの明快な切れ込み、
低域の厚み、
どれも言葉では表現できないような、生を感じさせる音。
とろけるような音を経験してしまった。

もうこれ無しでは、生きて行けない!(ちょっとオーバーだが・・・)
軍資金は無かったのだが、使ってない機器をさばけばなんとかなるか。
と思ってしまい、購入した。


なにが良いかといえば、CDの時に感じていた音の硬さ(今はPCオーディオが殆どだがやはり、硬さが
気になっている)が和らいだのだ。


アナログの音に近い空気感が心地よい。
ということで、同じアルバムをPCオーディオ+アンテロープOCXとアナログシステムで聞き比べをしてみた。

正直、「アナログが負けるはずがない」という先入観がなきにしもあらずあらずなのだが、ニュートラル
の気持ちで聞き比べをしたところ。

出てきた音に困ってしまった・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。