プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

08 | 2011/11 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • スピーカー再セッティング

震災後のスピーカーセッティングを行ったので、スピーカーの位置はバッチリ合っていたはずだったのだが、
サザーランドmonoアンプ A1000復活の時の初音出しでは、どうも位相がずれているような音だった。
それから、スピーカーの再セッティングを行った。

これは、何度も書いていたと思うのだが
スピーカーの位置をレザーとかメジャーで正確に測ってセッティングするだけじゃない!!!
もちろんそれも大事な要素なのだが、

一番な大事なポイントは?
専用のパルスノイズを出して、視聴位置で必ず耳で聞いてスピーカの左右の位置ズレを修正していくこと!!!!
(どんぴしゃ中央にピンポイントに合わせることが一番大事)
自宅はスピーカーの左右の環境が異なっているので(壁面の材質や形状)単純に距離や垂直面を合わせただけでは
実際の視聴位置で聞いた時に、必ず左右のどちらかにずれている。
たとえ1㎜単位で距離を合わせてもである。

例え、左右の環境が全く同じ部屋でも機器の置き方や置物諸々で、左右の条件変化してしまう。
厳密に測定して距離を合わせただけでは、ピンスポットに中央に定位はしないようである。

距離だけ合わせても凡そ真ん中に定位するのだが、ピンスポットに中央に定位した時(直径5㎝位の円状)の音は?
凡そ真ん中に定位した音とは別物。

まず、うるささ、きつさが減少。
ボーカルは口の動きが分かる位リアル。
それから大きな違いが低音。
量感がアップするだけじゃなく解像度もアップする。


但し慣れないと難しい。
最後の最後の調整は、ちょっとさわっただけ(なでた位)が肝なのだ!!
位相が合った時は、パルスノイズの音がビンビン立ってくるので、それがみきわめかな。

と書いても実際に体感しないと分かりづらいだろうなぁ。
しかし、実際に体感した人は全員驚くのである。

因みに音楽で調整するのは至難の技。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。