プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
studer.jpg

STUDER A730とSTUDER D730を2台並べて聞き比べを行った。
1台づつは、試聴したことはあるのだが、2台を直接並べての試聴は貴重な経験である。

A730の音は、中低域の厚み充実度が素晴らしい。

実は、今までCDの音はずっと「何かが違う?」と思っていた。
これは、アナログ(LPやオープンリール)を聞いている人にしか分からないかもしれない。
CDの「音の拡散する感じや音の薄さ(平面的)」が気になっていた。
S/Nの良さや透明感は抜群なのだが、アナログにあってCDにには無い「何か」が
ずっーと不満だった(特にJAZZ)
それ故、PCオーディオに走ってしまった経緯がある。

そこにA730の登場!
一発目に出た音の瞬間から、「これは違う!凄いかも?」と思った。
ある方から、「お勧めのCDプレーヤーはこれしかない!」
とは聞いていたのだが、想像以上の驚きの音。
「正に、アナログサウンド」


方やD730の音は?

こちらも想像以上の音!
A730に比べてHIFIで、「中低域は薄いのかも?」と思っていたのだが
実際出てきた音は、やはりSTUDERの音
中低域の厚くて充実感のある音だった。
それにA730と比べると、音の解像度は勝っていてワイドレンジ。
低音のスピードも勝っている。

こう書くとD730の圧勝のような気がするのだが
D730の音は、もしかしたら別の機種でも出るかもしれない。
しかし、A730の音は唯一無二の音。

例えば、ベースの「ブル~ンンン」と鳴った量感と質感が
A730でしか出ない音なのである(例えが分かりづらいか・・)
しいて言えばアナログにある「何か」を持っているのはA730の方かもしれない。

しかし、どちらが良いか?と問われれば
それは、好みによるでしょう。
A730の音は、今のCDプレーヤーに比べて解像度は落ちるかもしれない。
その辺りを気にする人は
より現代的な音のD730の方が好みかもしれない。


A730とD730
どちらも今のCDプレーヤーには再現できないかもしれない、「中域の厚み」があるサウンドです。


現在サウンドミューズで、A730が試聴できます。
私ことながら、50・60年代のJAZZはLPでしか聴く気がしなかったのですが、
A730導入後は、その年代のJAZZのCDを買い漁っております。


PS:A730にDACを繋いでみるのも面白い!
これは後日報告。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。