FC2ブログ

プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIVI9月号『スピーカー設置の鉄則』が載っている。
我々仲間3人でHIVI試聴室に取材を受けに行ってきました。

耳から鱗ボロボロ落ちた非常に貴重な体験でした。
何が驚いたかと言えば?

スピーカーのセッティングと言えば、左右のスピーカーの位置を合わせる(壁からの離れの距離を同じにする)
ことと思っていた。
しかし、今回は
定位を真ん中に合わせることが一番の目的。
そのためにはスピーカーの位置をずらすのだが、何と!mm単位でスピーカーを動かしただけで定位がズレるのが視覚的に分かるのだ!!
但し慣れがある程度必要なようで、最初はぼんやり分かる程度だったのが
2回目からはハッキリ分かるようになって行きました。

今まで定位が真ん中に来ていると言っても、オオヨソこの辺でしょう?
大きさも口の大きさとか、等身大位かな・・・の程度だったと思う。

しかし、三要素が合った時には直径5cm位の円状に音がビシッ!と真ん中に収まる。
視覚的にもハッキリ分かる。
(一般のCDではなくて専用のソフトを使用しました)

また、「位相」を90度位ズレタ音で定位を調整したのだが
真ん中に再調整した場合、確かに真ん中に来ているのにフォーカスが甘い。
最初聞いた時は、真ん中に来ているし問題ないのでは?
と思ったのだけど、「位相」が合っている音と比較してみると
フォーカスと大きさが全然違っていた!!

「位相」とは中々分かりにくいのだが、比較して体感してみるとまるで違っている。
最初は比較しないと中々分かりにくい分野かもしれませんね。
「位相」のズレはあらゆる所に原因があるらしいのだが?
2chでこれなのだから、5.1chとなると???
こりゃぁ大事(おおごと)なのではないか!

亀山先生の進行とパイオニアの平塚様のアドバイスの上で進められたのだが
やっぱりプロの技と追求は半端ではないことがビンビン伝わってきた。
ロッグシアターのあの素晴らしい音は、こうした積み重ねの賜物なのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。