プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャズ喫茶 メグ

ジャズ喫茶 メグに行って来ました。
吉祥寺の駅から5分位でしょうか。
予想に反して雑居ビルの2階にありました。

日曜日の昼下がりに行ったのですが、お客様は他におらず。貸切状態。
ライブの案内をもらったのだが、3時頃ジャズボーカル教室があるのでその頃には満員になるのでしょうね。
早速お目当てのアバンギャルドのど真ん中に座って聞いてきました。
店長と、ちょうどその日に「キース・ジャレット」のライブに行くんです。と話していたら気を利かせてもらってキースのCDをかけてくれました。

アバンギャルドと言えば、圧倒的なホーンが印象的。メグはその色がイタリア車のような深い赤色。奥行きがあるというか魅力的な色でちょっとセクシーでしたね。
このホーンを見れば、ピアノというよりホーンセクションの音を聞きたかったので「ブラウニー」のMONO・LPをかけてもらった。
LPの枚数は、随分売ったらしくあまり枚数はないそうです。(ジャズ喫茶と言えば、アナログの印象なのだが・・・)
アナログプレーヤーはトーレンスだが、何故か最初の20分位はボヤケタ音だった。しかし、20分位過ぎたあたりで激変。
さすがに、ペットやサックスの迫力と厚みはすごい!ブラウニーのペットが飛んできそうな勢いだった。
オーナーの寺島さんと言えば、シンバルの音がすぐに思い出す。
そのシンバルのスピードは物凄かった。スピードだけじゃなくてシンバルの厚みがわかるような深い音だった。こんなドラムの音は初めて。

音量は、私や身近なオーディオファイルと比べてもそう大きくはなかった。
もっと大音量でも良かったかな。

時間の都合で30分位しかいなかったので不確かなのだが、キースを聴くというよりは、ホーン系のジャズミュージシャンの方が合いそうな音であった。
今度はオーディオ仲間と行ってみたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。