FC2ブログ

プロフィール

nobu’s

Author:nobu’s
(有)前川電機商会&SoundMuse:staffが オーディオ・中古品情報・電源工事・CD・BD・LIVE・ジャズや趣味の話を配信します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • インセプション

インセプション見て来ました。
CGでのSFXバリバリの映画かと思って見ましたが・・・・・
もちろんSFXの場面の不可思議さはすごい。
しかし、それよりもアナログ的なアクションシーンの連続に圧倒されました。
実際の撮影も肉体的に大変だったようです。

今時の観客の大多数は、SFXの凄さには慣れっこになっているでしょう?
この映画の本当の凄さはそこではない!

『内容が分かりづらい』との評判もあるようだが
むしろそこが狙い目かも?


オーディオで例えれば
初めて自分のお金で購入したオーディオから出た音の感動は
その後に購入した高価な機器の音の感動よりも大きいのでは???
感動にはプラスアルファーが必要なのではないでしょうか?
そのプラスアルファーとは脳の動きが関係しているのでは?

あまりにも分かりやすい内容よりも、少々分かりづらい内容の方が
脳の動きは活発になるのでは?
脳が活発に動いている方が感動が大きいのでは?と思うのです。


視覚的に訴える奇想天外なSFXだけじゃなく、
通常に生活する上では全く気にしていない夢の中の世界を題材にすることで
今まで使っていない脳の部分が刺激されるような
新しい感覚の映画でした。
そこが狙い目の映画じゃないのかなーーーーー?


無重力のシーンがあるのだが、もしかして本当に無重力空間(地球上でも再現できる)で撮影したのかも?
そう思わせる位リアルなシーンの連続でした。

映画の帰りに駐車場から車を出す時、車の前を人が何人も通って全然出られなかった
思わず『夢の中だったら轢いてもかまわないんだよな』
と思ってしまった

インセプションされちゃった?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。